Javaのエンジニアスキルは役に立つ

大学で情報工学を専攻していたこともあり、少しはプログラミングに自信がありました。卒業してから、Javaのエンジニアを目指し、最初はデータベース系の業務に就いていましたが、やはりエンジニアとして力を発揮したいと考え転職しました。

転職がうまくいったのは、自身のJavaスキルのおかげだと思っています。今なおJavaを必要としている企業は多いため、学んでおいて損はなかったです。エンジニアとしての業務はJavaのプログラムに限りませんが、ひととおり出来る人はどんな業務もこなせると感じています。